京都

【宮津燈籠流し花火大会2018】日程・アクセス・穴場・夜店・ホテル情報

投稿日:

勝毎花火大会 1

 

 

 

 

この記事では以下の情報が約5分で分かります。

  • 「宮津燈籠流し花火大会2018」の日程・概要情報
  • 「宮津燈籠流し花火大会2018」の見どころ・動画
  • 会場へのアクセス
  • おススメ駐車場
  • 「宮津燈籠流し花火大会2018」鑑賞の穴場スポット
  • 夜店・屋台情報
  • 「宮津燈籠流し花火大会2018」ホテル情報
  • 花火大会の必需品


「宮津燈籠流し花火大会2018」について

日程・時間

宮津燈籠流し花火大会は、2018年8月16日(木)に開催されます。
(小雨決行、荒天時は中止となります。)

打ち上げ時間:19:30~20:20(燈籠流しは19時から)

<場所・打上玉数・来場予想者数>

打ち上げ場所:宮津市島崎公園沖の宮津湾

打上玉数:約3,000発
予想来場者数:7万3,000人

「宮津燈籠流し花火大会」の見どころ

京都府北部の宮津湾に「精霊船」と燈籠が浮かび、夜空に鮮やかな花火が開花する、府内有数の人気の花火大会です。
初盆の家から送り出された「精霊船」を囲むように1万個あまりの燈籠が流されたあと、色とりどりの花火が大空に弾け、海に空に美しい光の祭典が展開されます。
また、花火大会終了後、島崎公園で始まる「宮津おどり」(盆踊り)も趣があります。
⇒2016年の「宮津燈籠流し花火大会」の様子です。

「宮津燈籠流し花火大会2018」会場へのアクセス

花火大会会場には公式の無料駐車場が例年約2,000台分ほど用意されますが、会場周辺は交通規制のため大変な混雑が予想されます。お車で来場の際は余裕をもって楽しい時間を過ごしてください。
公共交通機関でのアクセスは、電車を利用することになります。

電車でのアクセス

京都丹後鉄道「宮津駅」から徒歩10分。

車でのアクセス

京都縦貫自動車道「宮津天橋立IC」より5分。

おススメ駐車場

公式無料駐車場

今年の公式駐車場情報はまだ発表されていませんが、過去の情報を参考にしてください。

mh1-1
今年の情報については公式HPを随時ご確認ください。

パーキングはままち(市営浜町立体駐車場)(425台)

打ち上げ会場に近く、入庫から5時間以内の駐車はなんと無料、5時間を超えると1時間までごとに100円とかなりリーズナブルな駐車場です。屋上からは花火もきれいに見えます。22時まで利用可能です。

宮津駅前駐車場(65台)

こちらは24時間利用可能な駐車場です。料金は30分ごとに50円、一日上限(24時までの上限)が500円とこちらも良心的です。


「宮津燈籠流し花火大会2018」穴場スポット

打ち上げ会場付近の方が、臨場感・迫力を味わうことができますが、混雑は避けられませんね。ゆっくり花火を楽しめる穴場スポットをご紹介させていただきます。

無料の穴場スポット

穴場1:西宮津公園

打ち上げ場所の北西に位置する公園です。混雑しないので、ゆったりと花火を鑑賞することができます。

穴場2:天橋立

日本三景の一つとして知られる天橋立の海岸周辺も穴場スポットになっています。
昼間に観光したあと、そのまま移動することなく花火も楽しむことができますよ。

有料の穴場スポット

穴場3:有料席

宮津燈籠流し花火大会では毎年、有料席の販売があります。
料金は大人(中学生以上)2,000円、小学生1,000円、小学生未満無料で、現在イープラスにて一般発売中です。
詳しくはこちらをご確認ください。

穴場4:鑑賞船

また、宮津燈籠流し花火大会では毎年、鑑賞船の運航があります。船の上から花火を眺めるなんて粋ですよね。
鑑賞船は人気がありますので事前の予約をおススメします。
料金は大人:2,700円(中学生以上) 子供:1,350円(小学生)です。
詳細はこちらからご確認ください。

「宮津燈籠流し花火大会2018」の夜店・屋台


宮津燈籠流し花火大会では、島崎公園を中心に多数の屋台が出店されます。
ぜひ花火と一緒に屋台も楽しんでください。

「宮津燈籠流し花火大会2018」おススメホテル

宮津燈籠流し花火大会2018は大変人気のある花火大会で、遠方からも多く観光客が訪れます。

遠方から行く場合には当然宿泊施設を用意しなくてはなりませんが、当日は多くの観光客が訪れるために中々予約が取れません。また、宿泊料金も相当高くつきます。

混雑時にホテルを探すのは、ホテル予約サイトが一番です。多くのホテルの中から一番安くてよいホテルを選ぶことができ、かつお得なキャンペーンも随時実施しています。

当サイトではいくつかおススメのホテル予約サイトを挙げておりますので、興味がある方は下記よりアクセスしてください。

>>ホテル予約におススメな方法を見に行く

花火の必須アイテム

打ち上げ花火

夏の花火大会は結構待ち時間が長いので、日が沈む前から待たなければなりません。

日焼けが気になる方は日焼け止めをしていくとよいかと思います。

また、特に水辺の近くだと蚊が多く発生します。花火大会を終わって帰ると痒くて仕方がないということもありますので、虫よけスプレーをしておくとよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今から400年程前、城下の人々が盆の精霊送りとして海へ燈籠を流した事が始まりと言われている歴史と伝統のある花火大会です。夏の京都の思い出に、是非訪れてみてください。

-京都

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【最新版】2018年京都開催の全花火大会を日程順に解説

夏になると友人や恋人、家族と一緒に花火鑑賞する方が大勢いるかと思います。 規模の大きい花火大会は市を挙げて大々的にアピールするためによく知られていると思いますが、規模の小さいものはその町のなかでひっそ …

【亀岡花火大会2018】日程・アクセス・穴場・夜店・ホテル情報

この記事では以下の情報が約5分で分かります。 亀岡花火大会の日程・概要情報 亀岡花火大会の見どころ・動画 会場へのアクセス 花火鑑賞の穴場スポット 夜店・屋台情報 亀岡花火大会ホテル情報 花火大会の必 …

【宮津燈籠流し花火大会】周辺の格安ホテルを簡単に検索・予約可能!

宮津燈籠流し花火大会は2018年8月16日(木)に開催します。 近隣に住んでいる人はそのまま電車や車などで帰宅すればよいのでしょうが、遠方から来た人はそういうわけにはいきません。 土地勘がない中でホテ …

no image

【亀岡花火大会】周辺の格安ホテルを簡単に検索・予約可能!

亀岡花火大会は毎年8月7日に開催されていますので、2018年8月7日に開催される見込みです。 近隣に住んでいる人はそのまま電車や車などで帰宅すればよいのでしょうが、遠方から来た人はそういうわけにはいき …

Scroll Up