長崎

【ながさきみなとまつり2018】日程・アクセス・穴場・夜店・ホテル情報

投稿日:3月 22, 2017 更新日:

この記事では以下の情報が約6分で分かります。

  • 「ながさきみなとまつり」の日程・概要情報
  • 「ながさきみなとまつり」の見どころ・動画
  • 「ながさきみなとまつり」会場へのアクセス
  • 「ながさきみなとまつり」鑑賞の穴場スポット
  • 「ながさきみなとまつり」夜店・屋台情報
  • 「ながさきみなとまつり」ホテル情報
  • 花火大会の必需品

 

⇒花火大会の予習はこちらから

 

「ながさきみなとまつり」について

長崎の夏の風物詩として、長崎市民に愛されているのが「ながさきみなとまつり」です。7月の最終土曜と日曜に開催されているイベントのフィナーレに両日花火が打ち上げられます。花火大会の他にもステージイベントや飲食出店など、子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。

日程・時間

「ながさきみなとまつり」は、2018年7月28日(土曜日)29日(日曜日)に開催します。

悪天候の場合は、未定となっています。

打ち上げ時間:

28日(土)20:20~21:00(2017年)

29日(日)20:20~20:50(2017年)

<場所・打上玉数・来場予想者数>

打ち上げ場所:長崎水辺の森公園・長崎港

打上玉数:約15,000発(2日間合計) 

予想来場者数:約18万人

 

スポンサードリンク

 

「ながさきみなとまつり」の見どころ

2日間で合計1万5000発の花火が打ち上がる花火大会です。花火プログラムの中では、音楽と連動した花火が見逃せません。2016年は、『2016 ながさきみなとまつり』と、福山雅治企画監修の夏祭りイベント『長崎☆夏の「やっぱり、じげもん!よかもん!大祭」』がコラボ開催されました!また、稲佐山や風頭公園などの高台から、世界新三大夜景に認定された夜景と花火のダブル観賞もおすすですね。長崎ペーロン選手権大会等のイベントも数多く用意されており、終日お祭気分で楽しめる花火大会でもあります。

⇒「ながさきみなとまつり」×「やっぱり、じげもん!よかもん!大祭」の様子です。

⇒「ながさきみなとまつり」の様子です。

「ながさきみなとまつり」会場へのアクセス

電車でのアクセス

来場の際は、SUGOCA、ICOCAやSuicaなどの交通系のICカード、もしくは予め帰りの切符を購入しておくことをおススメします。また、可能であれば開始2時間以上前に来場しておくと比較的良い場所で鑑賞することができます。

○JRと路面電車
「JR長崎駅」から路面電車で「正覚寺下行き」に乗り、「出島」電停下車、徒歩3分。

「JR長崎駅」から路面電車で「正覚寺下行き」に乗り、「築町」で「石橋行き」に乗換え、「市民病院前」下車、徒歩1分。

○JRと徒歩
「JR長崎駅」から徒歩15分。

○JRとバス
「JR長崎駅」から長崎バス30・40・60番系統のバスに乗り、「市民病院前」下車、徒歩3分。

自家用車でのアクセス

当日は、会場周辺の道路で交通規制が行われます。マイカーでの来場の場合は、交通規制外の有料駐車場に駐車され来場ください。夢彩都前~美術館~水辺の森公園~大浦海岸通り交差点の間の道路は7月28日、7月29日ともに、19:00~22:00(予定)の間、車両通行止めとなります。また、周辺駐車場も一部規制があります。

○長崎自動車道「長崎IC」から「ながさき出島道路」を経由しトンネル出口左前方方向へ車で1分。

会場規制図を参考にしてください。

おススメ駐車場

1.「湊公園タワーパーキング」

収容台数:66台
駐車料金:30分 150円

2.「橋本大波止駐車場」

収容台数:240台
駐車料金:30分 140円

3.「 カーポート出島」

収容台数:166台
駐車料金:20分 100円

 

スポンサードリンク

 

「ながさきみなとまつり」穴場スポット

打ち上げ会場付近の方が、臨場感・迫力を味わうことができますが、混雑は避けられませんね。ゆっくり花火を楽しめたり、帰り道に渋滞に巻きこまれにくい穴場スポットに併せて有料観覧席をご紹介させていただきます。

無料の穴場スポット

「ながさきみなとまつり」は、海上が打ち上げ場所となります。打ち上げ会場近くでの鑑賞もいいですが、人の混みようは覚悟してください。そこで、最適な無料の穴場スポットについて紹介いたします。

穴場1.稲佐山展望台

稲佐山は、高台になっている為、長崎の夜景と一緒に美しい花火を観ることができますよ。駐車場もありますので、お車の方にもお勧めの穴場スポットです。

穴場2.風頭公園

こちらも高台になっている穴場スポットです。長崎の夜景と一緒に美しい花火を観ることができますよ。

穴場3.グラバー園第2ゲート付近

グラバー園と共に花火を楽しめる穴場スポットです。路面電車などでもアクセスしやすいスポットのひとつですね。

穴場4.鍋冠山展望台

地元の方は、稲佐山より鍋冠山からの夜景の方が綺麗だという方もおられるスポットです。展望台もあるので花火の日は多くの人が集まります。稲佐山より標高が低いので打ち上げ花火が近くに感じられます。

穴場5.松ヶ枝埠頭(松が枝国際ターミナル)

メイン鑑賞会場から南に約1km行ったスポットです。車でのアクセスも可能です。ただし、メイン会場からそれほど離れていませんので、周辺渋滞に巻き込まれてしまう可能性はありますので、花火が終われば直ぐに帰路に着けば大丈夫でしょう。

有料観覧席

「ながさきみなとまつり」は、協賛観覧席が用意されています。ご紹介させて頂きます。

「ながさきみなとまつり」は、青年団体等のボランティア活動と地域企業等からいただく協賛金を中心に運営されています。昨年より花火協賛のご協力・ご支援を募られています。そのご協賛のお礼として、協賛観覧席が準備されます。

穴場6.協賛観覧席

○7月28日(土)は全席指定席です。当日に場所取りや慌てて会場に向かわなくても最良の席で1万発の花火を楽しむことができます。協賛額1口2千円(パイプいす1席付)で3千席用意されています。お申込方法は、6月中旬より全国の「チケットぴあ」「セブンイレブン」「サークルKサンクス」の端末で受付されます。

○7月29日(日)は当日販売のみの全席自由席です。協賛金1千円で確実に席が確保できます。最も近くから新作花火をはじめ5千発の花火の競演が楽しめます。

穴場7.ホテルニュータンダ 屋上ビヤガーデン

ホテルの屋上ビアガーデンが一番のお勧め穴場スポットです。水辺の森公園の目の前なので花火が間近に感じられて迫力満点です。

 

スポンサードリンク

 

「ながさきみなとまつり」の夜店・屋台

花火大会の楽しみは花火と屋台巡りっていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。花火のメイン会場である「長崎水辺の森公園(大地の広場付近)」に屋台村が開設されます。定番の夜店メニューから長崎名物の屋台までが多く出店されています。穴場6の協賛鑑賞席地図も参考にしてください。

「ながさきみなとまつり」おススメホテル

ながさきみなとまつりは大変人気のある花火大会で、遠方からも多く観光客が訪れます。

遠方から行く場合には当然宿泊施設を用意しなくてはなりませんが、当日は多くの観光客が訪れるために中々予約が取れません。また、宿泊料金も相当高くつきます。

混雑時にホテルを探すのは、ホテル予約サイトが一番です。多くのホテルの中から一番安くてよいホテルを選ぶことができ、かつお得なキャンペーンも随時実施しています。

当サイトではいくつかおススメのホテル予約サイトを挙げておりますので、興味がある方は下記よりアクセスしてください。

>>ホテル予約におススメな方法を見に行く

花火の必須アイテム

夏の花火大会は結構待ち時間が長いので、日が沈む前から待たなければなりません。

日焼けが気になる方は日焼け止めをしていくとよいかと思います。

花火大会におススメの日焼け止めクリームはコチラ

また、特に水辺の近くだと蚊が多く発生します。花火大会を終わって帰ると痒くて仕方がないということもありますので、虫よけスプレーをしておくとよいでしょう。

花火大会の必須アイテム、虫よけスプレーはコチラ

まとめ

長崎県は、異国情緒あふれるスポットが点在し、世界遺産レベルの教会や著名人ゆかりの地、自然豊かな景勝地など、見どころがいっぱいの観光地です。ぜひ、この夏、ご家族やお友達等で訪れてみられてはいかがでしょうか。そして、よき思い出を作って頂きたいと思っています。

この記事がその一助になれば幸いです。

-長崎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【おおむら夏越花火大会】周辺の格安ホテルを簡単に検索・予約可能!

おおむら夏越花火大会は毎年8月1日に開催されていますので、2018年8月1日に開催される見込みです。 近隣に住んでいる人はそのまま電車や車などで帰宅すればよいのでしょうが、遠方から来た人はそういうわけ …

【おおむら夏越花火大会2018】日程・アクセス・穴場・夜店・ホテル情報

この記事では以下の情報が約5分で分かります。 おおむら夏越花火大会の日程・概要情報 おおむら夏越花火大会の見どころ・動画 会場へのアクセス 花火鑑賞の穴場スポット 夜店・屋台情報 おおむら夏越花火大会 …

no image

【ながさきみなとまつり花火大会】周辺の格安ホテルを簡単に検索・予約可能!

ながさきみなとまつり花火大会は、2018年7月28日、29日に開催します。 近隣に住んでいる人はそのまま電車や車などで帰宅すればよいのでしょうが、遠方から来た人はそういうわけにはいきません。 土地勘が …

Scroll Up